本文へスキップ

Société franco-japonaise des bibliothécaires et des documentalistes (SFJBD)

日仏図書館情報学会について

日仏図書館情報学会とは

 日仏両国の図書館情報学の発展に寄与することを目的として組織された学会です。1970年に日仏図書館研究会として発足して以来、図書館員や図書館情報学・フランス関係分野の研究者をはじめ、文書館・美術館・博物館の方、書店・出版関係の方など、幅広いジャンルの方が参加しています。フランスを中心に20余名の海外在住会員もいます。現在の会員数は約100名です。

 → 日仏図書館情報学会のあゆみ
 → 日仏図書館情報学会について(2010年策定)
 → 日仏図書館情報学会創立50周年を迎えて(2020年策定)<編纂中>

日仏図書館情報学会の活動

 本学会の主たる活動は以下のとおりです。

  ○ 研究会、講演会、見学会の開催
  ○ 日本とフランスの図書館情報関係者の交流
  ○ 会誌『日仏図書館情報研究』(年刊)の発行
  ○ 『日仏図書館情報学会ニュースレター』(不定期刊)の発行
  ○ ホームページ、メーリングリストの維持管理
  ○ 日仏の図書館情報学に関する出版活動
  ○ 日仏会館、関連団体・学会との共催事業

事業計画

 日仏図書館情報学会では、年次総会において、その年度の事業計画を定めています。

2022年度事業計画
2021年度事業報告

会員数

98(2022年3月末現在)
 個人 96(正会員 85 学生会員 1 特別会員 9 名誉会員 1)
 団体 2(賛助会員 2)

*会員の種別については「日仏図書館情報学会会則」第5条に定めています。

現行会則・規定等

日仏図書館情報学会会則
Status de la Société franco-japonaise de la bibliothécaires et des documentalistes
日仏図書館情報学会表彰規程
日仏図書館情報学会会誌規定
『日仏図書館情報研究』執筆要綱

役 員(2021-2022)

会 長 森村 悦子(元パリ日本文化会館図書館)
幹事長 豊田  透(元国立国会図書館)
事務局 清水 裕子(日仏会館図書室)
幹 事 萩原  咲(Musée national des arts asiatiques - Guimet)
    十文字香奈子(国立国会図書館)
    名城 邦孝(沖縄国際大学)
    大沼太兵衛(国立国会図書館)
    新行内美和(翻訳業)
    須永 和之(
國學院大學文学部)
監 事 工藤 妙子(青猫書房)


バナースペース


日仏図書館情報学会事務局

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿3-9-25
日仏会館内

MAIL sfjbibdoc@yahoo.co.jp
TEL 03-5421-7643

FAX 03-5421-7653

 → 入会のご案内

---------------------------------------
■■刊行案内■■

★★新刊★★
ni日仏図書館情報学会創立50周年
記念出版
ガブリエル・ノーデ
『図書館創設のための提言』

(伊藤敬 訳)


------------------

日仏図書館情報学会創立50周年
記念出版
『書物史研究の日仏交流』
(樹村房)


------------------
『日仏図書館情報研究』
No.45(2021)
(販売:日本図書館協会)
(